Advanced Adsの便利な使い方!AdSense広告をH2タグの前後に設置する方法

ブログ運営

長文記事や画像が多いブログ記事を書かれている方だとCocoonの広告設定だけでは足らず、記事中にも広告を載せたい!と言うシーンも出てきます。

[ad]ショートコードを使えば自分で好きな位置に広告を挿入することも出来ますが、めんどくさいですよね。過去記事も全て手作業で修正する必要がありますし。

そこで自動で好きな位置にAdSense広告を自動で挿入する方法があるので紹介します。Advanced Adsと言うプラグインを使用する方法です。

Advanced Adsで出来ること

広告の自動挿入機能が強力です。おススメの使い方は広告挿入場所を指定する方法です。

例えば2個めのH2タグの直前とか直後とかですね。2個めだったり3個めだったりと挿入場所は好きにカスタマイズできます。他にも3個目と5個目いったように複数を同時に使うことも出来ます。

広告のローテーション機能

複数の広告をグループとして登録してランダムにローテーションすることで広告の成果をテストすることができます。広告の種類によってクリック率や単価が高い広告を探すのに有効です。

Advanced Adsの導入方法

通常のプラグイン同様、難しい知識は不要で導入できます。プラグインの新規追加画面で「Advanced Ads」を検索すると表示されるのでインストールします。インストールが終われば忘れずに①「有効化」しましょう。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

Advanced Adsの使い方

Advanced Adsの設定例として3つ目のH2タグの直前に指定した広告を載せる方法を解説していきます。需要の高い使い方だと思います。設定のプロセスは大きく分けて2つからなります。

  1. 広告オブジェクトの設定
  2. 設置ルールの策定

説明するよりも手順で示した方が分かりやすいので下記を見てください。下記の手順通りに進めると3つ目のH2タグの上にAdSense広告を表示させることができます。

Advanced Adsの設定「広告」

WordPressのダッシュボードから②「Advanced Ads」メニュー内の③「広告」をクリックします。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

広告を新規追加画面が表示されるのでまずは④「広告名称」を入力します。ここは分かりやすい名前を入力しておきましょう。あとで変更も、削除も出来るので名称は何でも構いません。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

広告タイプの選択画面で⑤「アドセンス広告」を選択し⑥「次へ」をクリックします。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

広告パラメータ画面では⑦「新規AdSenseコードを挿入」のリンクをクリックします。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

広告パラメータ画面で⑧「AdSenseコード」を貼り付けて、⑨「詳細を取得」をクリックします。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

表示条件画面は特に設定する必要はありません。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

訪問者条件画面も変更は不要です。最後に⑩「次」をクリックします。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

記事を公開してもよろしいですか?とメッセージが表示されたら⑪「OK」をクリックします。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

これで広告の定義は終わりです。続いて設定した広告を任意の位置に挿入する方法です。

Advanced Adsの設定「設置」

次は広告を設置する方法です。ダッシュボードから⑫「Advanced Ads」メニューの⑬「設置」を選択します。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

広告の設置メニューで⑭「コンテンツ」を選択します。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

名前を選択画面メニューでは⑮「任意の名前」を入力します。ここではわかりやすく「3つ目のH2タグの上」と言うストレートな名前を設定していますが名前は何でも構いません。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

広告またはグループを選択メニューでは⑯「表示させたい広告」を選択します。先ほど「広告」設定で作成した広告を設定します。設定が終われば最後に⑰「新しい配置を保存」を選択します。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

配置メニューでは⑱「表示させたい広告」を選び⑲「表示させたい場所」を選択します。下記設定例では3つ目のH2タグの前に設定しています。H2タグ以外にもH3タグも選択することができます。H3タグを多く使う記事がある場合はH3タグも配置設定に併用するのもよいかも知れません。

⑳「全てのオプションを表示」を選択し、詳細メニューを表示させます。広告のラベルやセンタリングなどの配置を設定することができます。

全て設定を終えたら㉑「配置を保存」を選択します。

AdSense広告を自動で記事中の好きな位置に設置する方法【Advanced Ads】

これで設定は全て完了です。ブログを表示させて設定した場所に広告が表示されているか確認しましょう。

このセットを複数組み合わせると2個目のH2タグの前4個目のH2タグの前と言った設定も可能です。

コメント