【2019年版】ブロガー必須!Google Search Consoleの登録方法を解説

SEO対策

先日紹介したGoogle Analyticsと共に登録しておきたいのがGoogle Search Consoleです。

【2019年版】ブロガー必須!Google Analyticsの登録方法を解説
ブログを開設したら登録しておきたいのがGoogle Analyticsです。 Google AnalyticsとはGoogle社が提供しているアクセス解析サービスのサービス名称です。機能が豊富で詳細な解析が可能なため多くのブロガーに支...

Google Analytics、Google Search Console、Google Adsenseがブロガー三種の神器です。Analyticsで読者層を解析し、 Search Consoleで検索ワードと順位を確認し、読者層、検索ワードに合った記事を書く。そしてAdsenseで広告を貼って稼ぐと。こんな流れです。

Google Search Consoleの機能

Google Search Consoleの強力な機能のひとつとして検索パフォーマンスの確認があります。

Google Search Consoleを使えばどんな検索キーワードで検索結果に自分のブログが何回表示されて、そのうち何回クリックしてもらえたかを知ることができます。他にもキーワード毎に検索結果に表示された順位は何位だったかなど、PV数を上げるのにとても大事な解析結果を見ることができるので有効活用したいツールです。

記事の後半で検索パフォーマンスの確認で分かる内容についてもう少し詳しく解説してます。

このようなGoogle Search Consoleは無料で使用することができるので登録しておいて損はありません。

Google Search Consoleへの登録方法

当記事の手順内ではGoogle Analyticsの登録を前提としている部分があるため、事前にGoogle Analyticsの登録を済ませておくことをオススメします。Google Analyticsもブロガー必須サービスなので登録しておいて損はないです。無料ですし。登録は下記の記事からどうぞ。

【2019年版】ブロガー必須!Google Analyticsの登録方法を解説
ブログを開設したら登録しておきたいのがGoogle Analyticsです。 Google AnalyticsとはGoogle社が提供しているアクセス解析サービスのサービス名称です。機能が豊富で詳細な解析が可能なため多くのブロガーに支...

さて、ここからがGoogle Search Consoleの登録手順です。まず、Google Search Console登録ページにアクセスし、①「今すぐ開始」をクリックします。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

Google Serch Consoleへようこそ画面で②「サイトURL」に対象となるブログのURLを入力します。SSL化が済んでいればhttps://で始まるURLを入力しましょう。次に③「プロパティを追加」を選択します。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

Google Analyticsを既に使用中の場合(ブログにAnalyticsトラッキングIDを設定済みの場合)自動で所有権の確認が完了します。

ただ、複数の確認方法を追加することがGoogleでも推奨されています。この手順内でもう一つの所有権の確認設定を追加していきます。

まずは④「完了」を選択します。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

HTMLタグによる所有権の確認を追加もCocoonなら超簡単!

Google Serch Console画面が開きます。最初はデータが表示されず、下記のような画面になりますが問題ありません。時間が経てばレポートが表示されるようになります。

2つ目の所有権の確認を追加するために⑤「設定」を選択します。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

⑥「HTMLタグ」を選択します。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

HTMLタグが表示されますが使用するのはGoogle Serch Console IDだけです。HTMLタグの赤枠部分の⑦「Google Serch Console ID」だけをコピーします。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

Cocoonならアクセス解析設定画面でGoogle Serch Console IDを入力するだけ

WordPressのダッシュボードを開き、⑧「Cocoon設定」を開きます。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

⑨「アクセス解析・認証」設定タブを選択します。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

アクセス解析・認証メニュー内の中段程にある⑩「Google Serch Console ID」欄に先ほどコピーしたIDを貼り付けます。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

貼り付けたら下にスクロールし、⑪「変更をまとめて保存」を選択します。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

変更が保存出来たらGoogle Serch Consoleの画面に戻り、⑫「確認」を選択します。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

⑬「確認が完了しました」と表示されれば設定は完了です。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

Google Serch Consoleの画面イメージ

Google Serch Consoleで確認できる内容について解説していきます。画面イメージも載せていますが、規約違反になるため、詳細なデータは公開することができません。モザイク画像での解説をお許しください。

サマリー画面

Google Serch Consoleの左側のメニューより、⑭「サマリー」を選択すると検索パフォーマンスやカバレッジの確認ができます。検索パフォーマンスではウェブ検索からのクリック数が確認でき、カバレッジではエラーページや有効なページ数を確認することができます。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

検索パフォーマンス画面

⑭「検索パフォーマンス」を選択してパフォーマンスの確認画面を開きます。

【2019年版】ブロガー必須!Googleサーチコンソールの登録方法を解説

検索パフォーマンスの内容が表示されます。検索キーワードごとに以下の情報を確認することができます。

  1. クリック数:検索結果に表示された自分のブログをクリックされた回数
  2. 表示回数:検索結果に自分のブログが表示された回数
  3. CTR:Click Through Rateの略で表示された回数のうち、クリックされた割合です。表示回数が100でクリック数10ならCTRは10%となります。
  4. 掲載順位:検索キーワードで検索された結果、自分のブログの検索順位が何位だったか

上記の内容が検索キーワードごとに、かつ過去7日間とか28日間とか指定した期間における数字がグラフ化されて表示されます。

この画面を見ながら表示回数は多いけど掲載順位が低めなページのような磨けば光るダイヤの原石のようなページを探すときに役立ちます。

皆さんも原石のページを見つけてキーワードを意識したリライトしてみましょう。うまく行けばPVが大幅向上するかも?です。

コメント