エックスサーバーでレンタルサーバーを借りる方法を詳しく解説します

レンタルサーバ

ブログを開設する場合、無料ブログサービスを利用する方法とレンタルサーバを借りてそのサーバにブログを設置する方法と2種類あります。ここではレンタルサーバにWordPressを使ってブログを置くことを想定して、まずはサーバをレンタルする方法を書きます。

レンタルサーバはエックスサーバがオススメです

エックスサーバがオススメな理由は利用者が多い!快適!高くない!

特に利用者が多い点は重要で、困ったときにWEBで調べれば大抵は解決策が見つかります

レンタルサーバサービスはエックスサーバ以外にもいろいろありますが、ここでは王道で多くのブロガーさん御用達のエックスサーバーを利用するための手順を解説していきます。

エックスサーバー会員IDを持っている人は少し手順が異なりますが、初めてブログを開設する人向けの記事ですので会員IDを持っていない人の申し込みページを解説しています。

サーバレンタルの申し込み手続き

エックスサーバのホームページにアクセスし、「お申し込みはこちら」のボタンから申し込みを始めます。

エックスサーバでレンタルサーバを借りる手順

XSERVER申し込みフォームから申し込みを始めます。

エックスサーバーの利用にはエックスサーバ会員IDが必要ですが、一つの申し込み手順の中で会員IDとサーバーレンタルを同時に申し込むことができます。

エックスサーバー会員IDを持っていない人の「新規お申込み」を選択します。

エックスサーバでレンタルサーバを借りる手順

サーバIDを入力、プランの選択

IDを決めてプランを入力します。プランは個人でこれからブログを始める場合は最初はX10で良いです。

①サーバID:管理用のアカウント名のようなものです。ドメイン名(ブログのURL)とは関係が無いのでお好きなIDを入力します。

②プラン:X10~X30まであり、利用料金も異なります。下位のX10でも十分な性能、機能のため最初はX10で十分です。あとからプラン変更も可能です。

エックスサーバでレンタルサーバを借りる手順

会員情報の入力

次に会員情報の入力として申込者の情報を入力していきます。

③メールアドレス:登録に使用するメールアドレスです。ログイン時のIDとしても使用できます。

④会員情報:個人、法人区分や登録者情報を記入します。

エックスサーバでレンタルサーバを借りる手順

⑤「利用規約」、「個人情報の取扱いについて」の同意にチェックを入れます。

⑥「お申込内容の確認」へ進みます。

エックスサーバでレンタルサーバを借りる手順

⑦契約内容と⑧会員情報の確認をしたら⑨「お申込みをする」を選びます。

エックスサーバでレンタルサーバを借りる手順

申し込みはこれで完了です。

エックスサーバでレンタルサーバを借りる手順

レンタルサーバの申し込みはこれで完了

「会員情報」画面で入力したメールアドレスに「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]」と言うタイトルのメールが届いているはずです。

この中段あたりに管理画面にログインするための⑩会員ID、メールアドレス、パスワードが記載されています。

エックスサーバでレンタルサーバを借りる手順

管理画面にログインしてみる

エックスサーバのトップページから「ログイン」にカーソルを合わせると表示される「インフォパネル」を選択します。

サーバ管理もドメイン管理もこの「インフォパネル」から操作することが多いのでこのログイン方法は覚えておきましょう。

エックスサーバでレンタルサーバを借りる手順

インフォパネルログインフォームから⑪会員ID(またはメールアドレス)とパスワードを入力し、⑫ログインボタンを押してログインします。

エックスサーバでレンタルサーバを借りる手順

※会員IDとパスワードは申し込み後に届いたメールに「ユーザーアカウント情報」として記載されています。

Next:サーバの利用料金の支払い

これでレンタルサーバの利用登録は完了です。最初の10日間は無料で試すことができますが、機能制限が多く、特に独自ドメインを使用できないため、覚悟を決めて利用料金の支払いをしてしまいましょう。

エックスサーバーの料金支払いは自動更新設定がお得!
前回の記事でレンタルサーバーを無事に借りることが出来たらすぐにお金を払う事をオススメします。 せっかく10日間の無料使用期間があるのですが残念ながら無料使用期間中は機能に制限があります。特に新米ブロガー泣かせなのが独自ドメインを利用で...

コメント