記事編集はWordっぽく直観で操作できるクラシックエディタで!

プラグイン

WordPressの記事編集(投稿)画面はWordっぽくて直観的に使えるし使いやすい!と思っているユーザーも多いかと思います。

私もそうです。ですが、導入するWordPressのバージョンによってエディタの見た目が大きく異なります。

WordPressをアップデートしたら記事投稿画面が変わった

WordPressのバージョン5.0.2からは記事編集画面は下記のように「ブロックエディタ」と言うエディタが標準仕様となっています。文字の装飾や段落設定もイマイチ使いづらいです。

記事編集画面をWordのようにするにはクラシックエディタを使う!

ですが、WordPressバージョン5.0.1まではWordのような編集画面ですので直観で操作しやすいエディタになっています。この記事で解説する手順どおりにやれば下図のような操作しやすい編集画面に変更することができます。

記事編集はWordっぽく直観で操作できるクラシックエディタで!

今までと同じ記事投稿画面にする方法

WordPressもバグ修正やセキュリティ対策などもあるので最新バージョンにするのが望ましいですがエディタは前の方が使いやすい…。その場合は「クラシックエディタ」と言うプラグインを使う事で解決できます!

クラシックエディタプラグインを導入する

プラグインの導入は左側のメニューバーより①「プラグイン」を選択します。

記事編集画面をWordのようにするにはクラシックエディタを使う!

左上の②「新規追加」を選択します。

記事編集画面をWordのようにするにはクラシックエディタを使う!

キーワード検索ボックスに③「Classic Editor」を入力して検索します。

検索結果にドキュメントのようなアイコンのClassic Editorが表示されるので④「今すぐインストール」を選択します。

記事編集画面をWordのようにするにはクラシックエディタを使う!

インストールが完了すると⑤「有効化」が選択できるようになるのでクリックします。

記事編集画面をWordのようにするにはクラシックエディタを使う!

有効化が完了すると⑥「プラグインを有効化しました。」と表示されます。使用するには簡単ですが設定が必要ですので⑦「設定」を選択します。

記事編集画面をWordのようにするにはクラシックエディタを使う!

クラシックエディタプラグインの設定内容

クラシックエディタプラグインの設定画面を開くと投稿設定の画面が表示されます。

すべてのユーザーのデフォルトエディターに⑧「クラシックエディター」を選択します。設定箇所はこの1か所だけです。

記事編集画面をWordのようにするにはクラシックエディタを使う!

 

下の方へスクロールし⑨「変更を保存」を選択します。

記事編集画面をWordのようにするにはクラシックエディタを使う!

これで設定が完了です。

投稿画面がWordっぽい編集画面に!

設定は以上ですので、投稿画面を開いて確認してみましょう!

Wordのように⑦「文字装飾ボタン」が並んでいます。ボタンにカーソルを合わせると説明も表示されるので直観でも使うことができると思います。

記事編集画面をWordのようにするにはクラシックエディタを使う!

Next:スキン機能を使っておしゃれブログに即変身させる方法を解説します!

Cocoonは初期状態だと見た目が非常にシンプルですよね!内容も大事だけど、見た目もおしゃれに仕上げたいですよね!

デザイン知識もWEBカスタマイズ技術不要で簡単に数分でシャレオツ(ふるっ)なブログに仕上げる方法があるので紹介します!

Cocoonならスキン機能でおしゃれブログに即変身!その方法を解説します
Cocoonインストールしてすぐにあれ?とってもシンプルだなぁと思いませんでしたか?カスタマイズのやりがいがあると意気込む方もいれば、早く記事を書きたいのにめんどくさい!と思う方も居るでしょう。 「ブログは中身で勝負」とはいいつつも、...

コメント