Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】

Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】その他

Windows7が2020年1月14日にサポートが切れてしまいましたね。今後はwindows7に不具合や危険なセキュリティーホールが見つかってももうマイクロソフトさんは対応策として修正パッチを出してくれません。だってもうサポート終了してしまったのですから…。

という事でWindwos10にアップデートされる方もいらっしゃると思いますが、インストール用のUSBメモリの作り方を載せておきます!

インストール用USBメモリの作り方概要

簡単に流れを説明するとマイクロソフトのHPよりツールをダウンロード → ツールを実行してインストール用USBメモリ(またはDVD)を作成!以上終了!簡単でしょ!?

ちなみにインストール用のDVDを作る場合も同じ流れになります。

必要なものはインターネット回線と8GB以上のUSBメモリ

USBメモリは8GB以上のものが必要になります。なお、作成されたUSBを見て見ると7.45GB使用していました。

Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】

どうせなら高速なUSB3.0対応のUSBメモリを使いたいですね。

マイクロソフトからメディア作成ツールをダウンロード

まずはマイクロソフトの「Windows 10 のダウンロード」にある「ツールを今すぐダウンロード」からメディア作成ツールをダウンロードします。

Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】

ツールを実行してインストールメディアを作成

ダウンロードしたツールを実行します。ちなみに2020年1月時点ではツールのファイル名は「MediaCreationTool1909.exe」です。バージョンが上がればファイル名後半の数字部分は変わってくると思います。

ライセンス条項に同意します。

Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】

今回は媒体作成なので「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVDまたはISOファイル)」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】

アーキテクチャを64ビットや32ビットに変えたい場合は「このPCにお勧めのオプションを使う」のチェックを外します。32ビット64ビット両方を1つのメディアに作成することも出来ます。

言語やアーキテクチャが決まったら「次へ」へをクリックします。

Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】

「使用するメディアを選んでください」と表示されるので今回は「USBフラッシュドライブ」を選択して「次へ」をクリックします。

インストール用DVDを作りたい場合はここでISOファイルを選択してあとでライティングソフトを使ってDVDを作成します。

この時点で先にUSBメモリをパソコンに接続しておいてください。

Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】

USBドライブを選択して「次へ」をクリックします。

USBメモリをまだ接続していなかった場合はUSBメモリを接続してから「ドライブの一覧を更新する」をクリックするとUSBメモリのドライブ名が表示されます。

Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】

Windows10本体のダウンロード(時間がかかります)

ここからWindow10がダウンロードされ、USBメモリへ書き込まれていきます。回線速度にもよりますが私の環境では30分以上かかりました。

Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】

Widnwos10のダウンロードとUSBメモリへの書き込みが完了すると画面に「USBフラッシュドライブの準備ができました」と表示されるので「完了」をクリックすると準備が完了です。

Windows10インストール用USBメモリの作り方【Windows7サポート切れ対応】

これでインストール用USBメモリの作成は完了です!

コメント