独自ドメインをエックスサーバーで使用する方法を詳しく解説

レンタルサーバ

今までの記事にした手順を実施していれば次の2つの事が完了しています。少しおさらいしておきます。

  1. エックスサーバーでレンタルサーバの新規申し込み
    エックスサーバーでレンタルサーバーを借りる方法を詳しく解説します
    ブログを開設する場合、無料ブログサービスを利用する方法とレンタルサーバを借りてそのサーバにブログを設置する方法と2種類あります。ここではレンタルサーバにWordPressを使ってブログを置くことを想定して、まずはサーバをレンタルする方法...

    エックスサーバーの料金支払いは自動更新設定がお得!
    前回の記事でレンタルサーバーを無事に借りることが出来たらすぐにお金を払う事をオススメします。 せっかく10日間の無料使用期間があるのですが残念ながら無料使用期間中は機能に制限があります。特に新米ブロガー泣かせなのが独自ドメインを利用で...
  2. エックスドメインで独自ドメインの新規申し込み
    エックスサーバーで独自ドメインを申し込む方法を詳しく解説
    前回まででレンタルサーバーの契約も完了し、初回の支払いも済ませました。もう後には戻れないのでドメインも早く申し込んでしまいましょう! レンタルサーバーと独自ドメインの組み合わせの醍醐味は何と言っても自分の好きなURLが持てる事です。 ...

エックスサーバーで準備した2つのサービスを組み合わせることで独自ドメインで自分のブログにアクセスしてもらうことができます。

この記事ではこのサーバとドメインを関連付けするための方法を詳しく解説していきます。

ドメインの関連付けはサーバパネルから実施

まずはエックスサーバーのインフォパネルにログインし、①「サーバーパネル」を開きます。

エックスサーバー用ドメイン設定手順

サーバーパネルからドメインメニューの②「ドメイン設定」を開きます。

エックスサーバー用ドメイン設定手順

ドメイン設定メニューから③「ドメイン設定の追加」タブを選択します。

エックスサーバー用ドメイン設定手順

④「ドメイン名」に先ほど取得した独自ドメイン名を入力します。

⑤「無料独自SSLを利用する(推奨)」と「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」はチェックを入れておきます。

無料独自SSLは今からブログを始める場合は記事を投稿する前に設定しておくべき項目ですので利用することを強くおススメします。

また、「Xアクセラレータ」も大量アクセスへの耐性強化を行うことができるエックスサーバーが独自開発した高速化機能ですのでチェックを入れておきましょう。

入力できましたら⑥「ドメイン設定の追加(確認)」を選択します。

エックスサーバー用ドメイン設定手順

ドメイン設定内容の確認画面が開くので問題なければ⑦「ドメイン設定の追加(確定)」を選択します。

エックスサーバー用ドメイン設定手順

独自ドメイン名でアクセスできるまで少し時間がかかります

登録が完了します。

これで⑧に記載されている独自ドメイン名のURLでアクセスが可能になります。

※「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示されても問題ありません。次のステップで設定方法を解説します。

エックスサーバー用ドメイン設定手順

独自ドメイン名のURLにアクセスしても設定直後は⑨「無効なURLです。」と表示されてしまいますが、問題ありません。登録処理に時間がかかりますので数時間から24時間)をおくとアクセスできるようになります。

当サイトの設定時は1~2時間程度でアクセスできるようになりました。

エックスサーバー用ドメイン設定手順

Next:実は超簡単なWordPressのインストール

ブログの管理、記事の投稿は全てWordPressと言うブログ管理ソフトウェアから行います。

このソフトウェアはレンタルサーバへインストールして使用します。インストールもエックスサーバならWordPress簡単インストールメニューが準備されているため、誰でも簡単な情報入力と数クリックでインストールが完了してしまいます。

準備には時間を必要とせず、記事投稿やブログの構成管理に時間を使えるのでエックスサーバは非常に優秀ですね。

WordPressをエックスサーバーに超簡単にインストールする方法
サーバはレンタル完了!独自ドメインも取得完了!先に無料SSLの設定もした!さぁついに次はブログソフトウェアのWordPressのインストールです。 やはり自分で決めたURLをブラウザに入力して自分のブログが表示されれば達成感が大きいで...

コメント